川口市で助成金をお考えの経営者様へ

当センターのホームページへようこそ

多くの経営者の力になりたい。創業時よりこの思いを持ち続けております。
経営者の悩みは「人・物・金」であるといわれております。

企業に実情によって変わってくると思いますが、多くの企業の悩みの中心はヒトにあるのではないでしょうか?

私は今後労働人口の減少とともに、ますますヒトの悩みが増えてくるのではと感じています。
近年でも賃金、労働時間、サービス残業(賃金未払残業)解雇、有給休暇など、様々な労働問題が取り上げられてくるようになりました。

埼玉助成金サポートセンターは、ただ助成金を受給するお手伝いをするのではなく、今後企業の課題となる労働環境の整備や労働問題の解決を、助成金を活用することで実現していきたいと考えております。

社会保険労務士法人Nice-One
代表 中山 伸雄

川口市について

川口市は埼玉県の南端に位置し、荒川を隔てて東京都に隣接する人口約59万人の市です。人口は県内ではさいたま市に次いで第2位、特例市としては日本で最も多い人口を擁しています。東京に通勤・通学するいわゆる「埼玉都民」が多く、市内の広範に住宅地が広がっています。

緑ゆたかな川口市では、江戸中期から「植木」が盛んです。中でも「安行地区」は特に盛んな地域で、現在でも盆栽や花などで有名です。また毎週、植木専門の市も開かれていて数多くの品種が揃っています。 川口緑化センターでは、四季を通じて緑に触れることができ、園芸購入や安行植木の歴史について学ぶこともできます。

南西部では鋳物や織物、釣竿、味噌などの醸造業が根付き、それらはものづくりの街の基盤となり、街の発展を支えてきました。その鋳物は、江戸時代に栄えた日光御成道周辺に端を発し、全国有数の工業都市として成長し続け、鋳物の街・川口を不動のものにしていきました。

近年は、急速にベッドタウン化が進み、かつて林立していた工場群は他地域へ移転し、跡地には高層マンションやショッピングセンターが建ち、伝統産業と新しい文化が交差する街へと姿を変えています。

他にも、来場者数30万人近くを誇る「たたら祭り」や「オートレース場」、映像制作を目的とした施設「SKIPシティ」など魅力いっぱいの街です。

川口を代表する夏の祭り「たたら祭り」は2日間にわたる熱いお祭りで、「流し踊り」や「サンバパレード」「フリーマーケット」や「バザー」「神輿」など盛りだくさんです。

メインイベントの「花火」は毎年大人気で、川口の夜に大輪の花を咲かせ、市民の心に感動を与えています。

 

助成金の無料相談・お問合せはコチラ 048-658-8226
どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン
埼玉の中小企業のための助成金一覧はこちら 創業、人材採用、教育研修、育児、介護休業、パート活用業種別など色々な助成金がありますので、一覧からどうぞ

助成金の基礎コンテンツについてはこちら

埼玉で今オススメの業種別助成金一覧